August 12, 2019 / 6:42 AM / 8 days ago

アルゼンチン大統領予備選、野党候補が躍進 マクリ氏の再選微妙に

[ブエノスアイレス 12日 ロイター] - アルゼンチンで11日、10月の大統領選挙の予備選挙が実施され、野党候補のフェルナンデス元首相が現職マクリ大統領を抑えて首位となり、マクリ氏の再選が危ぶまれる状況となった。

選挙管理委員会によると、開票率88%の段階で、フェルナンデス氏の得票率は47.3%で、マクリ氏に15%ポイントの差をつけてリードしている。

アナリストは、これはマクリ大統領にとって「ゲームオーバー」になり得ると予想。投資家は、野党が過去に介入的な政策をとったことを踏まえ、フェルナンデス氏が大統領になれば、自由市場経済を推進するマクリ大統領よりもリスクが高くなるとみている。

予備選でのフェルナンデス氏のリードは、最近の世論調査で想定されていた2─8%ポイントを上回った。このため、12日にアルゼンチン株・債券は下落すると予想される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below