May 3, 2018 / 7:43 PM / 7 months ago

UPDATE 1-アルゼンチン中銀、1週間で2度目の利上げ 通貨安止まらず

(情報を追加します。)

[ブエノスアイレス 3日 ロイター] - アルゼンチン中央銀行は3日、政策金利をさらに300ベーシスポイント(bp)引き上げ33.25%とした。

1週間足らずの間に2度目の利上げに踏み切ったが、アルゼンチンペソの下落に歯止めが掛からず、過去最安値を更新した。

アルゼンチンペソは対ドルで7.83%安の23ペソ。

中銀は先月27日にも、自国通貨が対ドルで弱含んだとして、政策金利を27.25%から30.25%に引き上げた。その後初の営業日となった前日の取引では21.2ペソを付けていた。

中銀は声明で、年内のインフレ目標(15%)達成に向け引き続き利用可能なあらゆる手段を講じる方針を表明し、追加利上げの可能性も示した。

一部アナリストらは、追加措置が必要となる可能性を指摘した。

トレーダーらによると、中銀は3日、スポット市場で約5億ドルの売り介入を行った。前日にも同規模の売りを出した。3─4月の中銀ドル売却額は67億7100万ドルで、準備高の10%強。

アルゼンチンペソが過去2週間弱含んだ要因について、市場関係者の1人は、海外金利上昇のほか、海外投資家に対する譲渡益課税を先月導入したことや、マクリ大統領の補助金削減策を巡り議会で反発が出ていることを挙げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below