August 13, 2018 / 5:55 PM / a year ago

アルゼンチン中銀が利上げ、金利45%に 短期中銀債の発行抑制へ

[ブエノスアイレス 13日 ロイター] - アルゼンチン中央銀行は13日、トルコ通貨危機などの煽りを受けペソARS=RASLが最安値を更新する中、主要政策金利を従来の40%から45%に引き上げた。

また中銀は短期中銀債(Lebac債)の発行を抑える方針。当局者が明らかにした。これについて国際通貨基金(IMF)は声明で「脆弱性の根本除去につながる」との見解を示した。

この他、財務省は中銀に対し流動性を理由に、通常の米ドル売却を停止するよう通知した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below