for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク傘下の英アーム、自動運転車向けプロセッサを発表

9月20日、ソフトバンク傘下の英半導体設計アームは、無人運転車向けの新たな処理装置「コーテックス━R52」を発表した。ロンドンで7月撮影(2016年 ロイター/NEIL HALL)

[ロンドン 20日 ロイター] - ソフトバンク9984.T傘下の英半導体設計アームARM.Lは、無人運転車向けの新たな処理装置「コーテックス━R52(Cortex-R52)」を発表した。

複雑さを増すシステムにおいて安全性を高めるのが特徴で、自動運転車から産業、医療用ロボットまで多岐にわたる分野で活用できるとしている。第一弾として、パートナーでもある仏伊系半導体大手STマイクロエレクトロニクスSTM.PAとライセンス契約を結んだ。

ARMによると、コーテックス━R52は、プラットフォームの稼動状況に支障をきたさないよう、重大なソフトウエアコードを分離しておく設計になっている。こうすることで、追い越しや加速、急ブレーキといった場面で車の安全性を高めることができるという。

アームの技術は、米アップルAAPL.Oの「iPhone(アイフォーン)」や韓国のサムスン電子005930.KSの「ギャラクシー」など、ほぼすべてのスマートフォンに搭載されている。

テクノロジー産業の軸足が、機器や車などあらゆるものをネットに接続する「インターネット・オブ・シングス(IoT)」へと移る中、アームはこの新たな成長分野でも中心的な役割を果たすことを目指している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up