September 2, 2019 / 3:09 AM / 14 days ago

サッカー=アーセナルとトットナムのダービーは引き分け

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルとトットナムによるノースロンドン・ダービーは2─2の引き分けとなった。写真はアーセナルのピエール・エメリク・オバメヤン(右)が同点ゴールを喜ぶ場面(2019年 ロイター/David Klein)

[ロンドン 1日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは1日、2試合を行い、アーセナルとトットナムによるノースロンドン・ダービーは2─2の引き分けとなった。

トットナムは前半10分にクリスティアン・エリクセンが先制ゴール、同40分にはエースのハリー・ケインがPKを決めて2点リードとした。ところが、アレクサンドル・ラカゼットが同アディショナルタイムにネットを揺らして本拠地のアーセナルが1点を返すと、後半26分にはピエール・エメリク・オバメヤンが同点ゴールを挙げた。

トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「前半終了前に失点したことで、アーセナルは落ち着き、われわれは非常にショックを受けた。その前まではとても元気だったのだが、サッカーとは感情がすべてのスポーツだ」とコメント。

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、「われわれは、頭よりも気持ちでプレーした場面がいくつかあった」とし、「素晴らしい試合だった。自分たちのパフォーマンスとサポーターを誇りに思う。最初のゴールが重要だった。それが自信と、後半での多くのチャンスを与えてくれた」と話した。

もう1試合では、エバートンが本拠地でウルバーハンプトンに3─2で勝利した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below