for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アントワネットのダイヤ製ブレスレット競売へ、4.5億円の予想も

 競売会社クリスティーズは3日、フランス王妃マリー・アントワネットが所有していたダイヤモンドのブレスレットが、ジュネーブで来週行われるオークションに出品されると発表した(2021年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[ジュネーブ 3日 ロイター] - 競売会社クリスティーズは3日、フランス王妃マリー・アントワネットが所有していたダイヤモンドのブレスレットが、ジュネーブで来週行われるオークションに出品されると発表した。

ブレスレットは3連のダイヤを計112個並べたもので、ブルーベルベットの箱には「王妃マリー・アントワネットのブレスレット」と記されている。

現在はある欧州の王室が所有しており、9日のオークションでは200万─400万ドル(2億2800万─4億5600万円)の値が付くと予想されている。

マリー・アントワネットは、フランス革命後に捕らわれたパリのテュイルリー宮殿から宝石の入った木箱を送るという手紙を送り、その後1793年にギロチンにかけられた。生き残った娘のマリー・テレーズは、オーストリアでそれらの宝石を受け取ったという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up