November 19, 2019 / 4:06 AM / 22 days ago

O・ワイルドが友人に贈った指輪、専門家が発見 約20年前に盗難

 英オックスフォード大学は、アイルランドの劇作家オスカー・ワイルドが友人に送り、その後盗まれて売却された金の指輪が、ほぼ20年ぶりに大学に返却されると明らかにした。写真はパリにあるワイルドの墓。2011年11月撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[アムステルダム 18日 ロイター] - 英オックスフォード大学は18日、アイルランドの劇作家オスカー・ワイルドが友人に送り、その後盗まれて売却された金の指輪について、ほぼ20年ぶりに大学に返却されると明らかにした。オランダの美術品回収専門家アーサー・ブランド氏が指輪を見つけた。

友情の証しとして贈られたこの指輪は18カラットで、1876年に当時オックスフォード大学モードリン・カレッジで学んでいたワイルドが、別の学生レジナルド・ハーディングと共に、友人のウィリアム・ウォードに送ったもの。指輪にはワイルドのイニシャルのほか、ギリシャ文字で「愛の贈り物、愛を願う人へ」と刻まれている。

2002年に清掃員によって盗まれ150ポンド(現在のレートで約2万1100円)で売却され、それ以降は行方が分からなくなっていた。当時の価値はおよそ3万5000ポンドだった。

モードリン・カレッジの担当者は「戻ってくることになりとても嬉しい。警察は以前、価値が分からない人物によって指輪が溶かされた可能性が高いとみていた」と語った。指輪は12月4日に返却される。

ブランド氏はこれまでにも重要な美術品の回収に関わっており、これには1999年にフランスで盗まれたパブロ・ピカソの絵画も含まれる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below