for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴッホ自画像、別作品の下から発見 エックス線で判明

[ロンドン 14日 ロイター] - スコットランド国立美術館は14日、オランダの画家ビンセント・バン・ゴッホの自画像がゴッホ作の別の絵画の下から見つかったと発表した。

1885年の作品「農婦の頭部」を展覧会のためにエックス線で検査したところ、隠れていた自画像を発見。撮影された画像によると、つばのある帽子をかぶってネッカチーフをのど元で緩く結び、ひげを生やした人物が描かれている。

絵は厚紙と何層もの接着剤で覆われているという。

ゴッホはキャンバスをしばしば再利用し、裏面にも作品を描いたことで知られている。

美術館は、表側の作品を傷つけずに自画像を覆う接着剤などを除去する方法を専門家が検討していると述べた。

エックス線画像は、エディンバラの王立スコットランド・アカデミーで30日から始まるイベントで展示される。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up