for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、台湾巡る一方的現状変更の試みに反対=ブリンケン国務長官

[プノンペン 4日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の外相に対し、米国は台湾の現状を変更しようとする一方的試み、特に武力を行使するものに一切反対すると述べ、米国の台湾政策は変わっていないと説明した。

海峡をはさんだ台湾と中国の安定は地域全体の利益だと指摘。またクアッドと呼ぶ米、日、オーストラリア、インド4カ国の枠組みと協力する可能性について、ASEANの具体的な意見を聞きたいと述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up