for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー

[17日 ロイター] - 中国株式市場は3営業日続伸。米中の「第1段階」通商合意を好感するムードが続き、CSI300指数は8カ月ぶりの高値で引けた。

上海総合指数.SSEC終値は38.0294ポイント(1.27%)高の3022.4219。

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数.CSI300終値は54.253ポイント(1.36%)高の4041.800と4月19日以来の高値。

直近の経済指標が底堅い内容だったことも相場を支援した。

また中国国家発展改革委員会(発改委)は17日、11月に8件の固定資産投資案件、総額71億元相当を承認したと発表。政府の景気支援が続いていると受け止められた。

香港株式市場も上昇。終値で5週間ぶりの高値を付けた。米中通商合意や米国株の最高値更新を好感した。

ハンセン指数.HSI終値は335.62ポイント(1.22%)高の2万7843.71。

ハンセン中国企業株指数(H株指数).HSCE終値は186.10ポイント(1.73%)高の1万0964.99。

17日のソウル株式市場の株価は反発。半導体関連銘柄に買いが入ったほか、米中貿易協議の第1段階の合意を背景に外国人投資家の間でリスク選好の動きも拡大、主要銘柄以外も物色された。

総合株価指数(KOSPI)は前日終値比27.53ポイント(1.27%)高の2195.68と7カ月ぶりの高値で引けた。

海外勢は5543億ウォン(約4億7001万ドル)相当の買い越し。出来高は5億8700万株。取引された908銘柄のうち、上昇は446銘柄。

17日のシドニー株式市場の株価はほぼ横ばいで引けた。素材株やエネルギー株が高かったものの、産金株や金融株が下落した。

前日は7カ月ぶりの大幅な上げを記録。米中貿易合意への楽観的な見方や、英国の欧州連合(EU)離脱に対する懸念の後退、2月に利下げが行われるとの期待を背景に、指数は前日までの2営業日で2%超上昇した。

コムセックの市場アナリスト、スティーブン・ダリアン氏は「前日の非常に強い相場から下落している。年末が近づくにつれ、幾分利益確定売りも出ている」と話した。

産金株指数.AXGDは1%超下落し、全体の指数の重しとなった。ニュークレスト・マイニングNCM.AXは2%安、エボリューション・マイニングEVN.AXは1.7%安。

金融株指数.AXFJも下落。マネーロンダリング(資金洗浄)疑惑について調査されることになっているウエストパック銀行WBC.AXが0.9%安となり、下げを主導した。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)ANZ.AXは小幅高。同行は過去の不正で影響のあった340万口座の所有者に返金すると決定した。

一方、素材関連銘柄は上昇。BHPグループBHP.AXは0.5%高、リオ・ティントRIO.AXは1.5%高だった。

原油高が支えとなり、ウッドサイド・ペトロリアムWPL.AXは0.7%高、ニュー・ホープNHC.AXは2.9%高だった。

リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up