May 8, 2015 / 4:12 PM / 4 years ago

アジア株式市場サマリー(8日)

[8日 ロイター] - <中国・香港株式市場> 中国株式市場は反発して終了。前日までの3営業日続落に終止符を打った。ただ、週間では上海総合指数が過去約5年間で最大の下落率、滬深300指数.CSI300は過去1年半で最大の下落率を記録した。

深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」.CHINEXTは6%上昇して過去最高値をつけた。上昇率は過去4年半で最大だった。

政府が電子商取引を積極的に促進する方針などを示したことを受け、テクノロジー関連株CSI300ITも急伸した。

香港市場も反発。上海に続き、深セン市場との相互取引制度が始まるとの観測が浮上し、それの恩恵を享受するとみられる中小型株が上げを主導した。

<東南アジア株式市場>大半の国で株価が上昇した。ジャカルタは優良石炭銘柄がけん引し、週間で1月以来の上げ幅を記録。バンコクは銀行株に押し上げられ、6週間ぶり安値から反発した。

シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI).FTSTIは世界的な市場心理の改善に支えられたほか、クアラルンプールの総合株価指数も反発し、週間の下げ幅はそれぞれ1%、0.6%に縮小した。ホーチミンのVN指数.VNIは続伸。週間では1.4%安で引けた。

マニラの総合株価指数PSEi.PSIは3営業日続落。週間では0.6%上昇した。

<ソウル市場> 続落。総合株価指数は週間ベースで2%安。昨年12月12日以来の下げ幅だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below