December 31, 2018 / 1:20 PM / 3 months ago

アジア株、2018年は7年ぶりの大幅下落 貿易摩擦など圧迫

[31日 ロイター] - 2018年のアジア株式市場は貿易摩擦や利益の伸び鈍化に圧迫されて下落した。

MSCIアジア太平洋株指数(除く日本)は年間で16%下落し、2011年以来の大幅下落となった。

国・地域別では、中国株の下げ(ドルベース)が最もきつく、約29%安。あとパキスタン、韓国と続く。

アナリストからは、今年の大幅下落で株価水準が割安となり、押し目買いを誘う可能性があるとの指摘も聞かれる。

リフィニティブのデータによると、予想株価収益率(PER)で最も割安なのは韓国の8.8倍、次いで中国の9.9倍となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below