November 29, 2019 / 6:14 AM / 12 days ago

JR東日本の台風19号被害、運輸収入減は160億円 施設復旧170億円

 11月29日、東日本旅客鉄道 <9020.T>は、10月に上陸した台風19号による被害額について、運転見合わせなどの運輸収入減が約160億円、施設復旧が約170億円程度などになると発表した。長野新幹線車両センターへの被害は含まれていない。10月12日、東京駅の新幹線改札で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[東京 29日 ロイター] - 東日本旅客鉄道 (9020.T)は29日、10月に上陸した台風19号による被害額について、運転見合わせなどの運輸収入減が約160億円、施設復旧が約170億円程度などになると発表した。長野新幹線車両センターへの被害は含まれていない。

施設復旧の170億円には、長野新幹線車両センターを除く鉄道施設の復旧に必要な費用が含まれる。このほか、浸水被害を受けて廃車となる新幹線車両については、第2・四半期連結会計期間末の帳簿価額が118億円、新造費用が約300億円。復旧費用と合わせて、その大部分を特別損失として計上する予定という。ただ、復旧費用の一部については保険の対象となる見込み。

構内の冠水など甚大な被害を受けた長野新幹線車両センターについては、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有しており、復旧には同機構と協議を行う必要があるため、現時点では復旧金額の算定はできていないとしている。

このほか、駅構内店舗、駅ビル等の一部休業影響による営業収益の減少額を約30億円程度と見込んでいる。

現時点では、長野新幹線車両センターの復旧費用が算定できていないことなどから、2020年3月期通期業績予想の修正は行わない。今後、影響額の全体が判明した段階で修正を行う予定という。

*見出しを修正し再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below