December 25, 2017 / 9:34 AM / 7 months ago

フィリピン南部の台風死者、230人以上に 25日にベトナム上陸 

[ハノイ/マニラ 25日 ロイター] - フィリピン南部を襲った台風27号では、地滑りや洪水などでこれまでに230人以上が死亡した。台風は、25日遅くにベトナムに上陸する見通しで、当局は南部沿岸沿いの住民を避難させている。

 12月25日、フィリピン南部を襲った台風27号では、地滑りや洪水などでこれまでに230人以上が死亡した。写真は23日、フィリピン南部ミンダナオ島で撮影(2017年 ロイター/Richel V. Umel)

ベトナム防災当局によると、既に7万4000人が安全な地域に避難している。15の省と市では今後100万人以上を避難させる計画。

政府は、石油掘削設備や船舶の安全を確保するよう通達しており、6万2000隻に出航禁止命令を出した。南部のホーチミン市の学校は25日、休校となっている。現時点で台風による死傷者は報告されていない。

台風27号は22日夜遅くにフィリピンを直撃し、洪水や土砂崩れなどでこれまでに230人以上が死亡した。依然多くの人が行方不明となっており、遠隔地を中心に救助活動が続いている。

ミンダナオ島サンボアンガ半島の沿岸沿いの村Anunganでは、川が氾濫して土砂や倒木により家屋が流された。サンボアンガ半島の多くの地域では電気や通信網が寸断されており、橋の倒壊や洪水・土砂崩れで一部地域の孤立状態が続いている。

フィリピンには毎年20ほどの台風が上陸し、たびたび避難警報が出される。今回も沿岸部や川岸には避難警報が出されていたが、多くの住民が警報を無視し、被害に遭ったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below