November 7, 2019 / 12:26 AM / in 8 days

オランダASML、最新装置の中国向け輸出許可を政府に申請中

 11月6日、オランダの半導体製造装置大手ASMLは、最新装置の1つについて、中国向け輸出許可の期限が失効したため、現在オランダ政府に更新を申請していると表明した。写真はオランダのエイントホーフェンにある本社。1月23日撮影(2019年 ロイター/Eva Plevier)

[アムステルダム 6日 ロイター] - オランダの半導体製造装置大手ASML(ASML.AS)は、最新装置の1つについて、中国向け輸出許可の期限が失効したため、現在オランダ政府に更新を申請していると表明した。

広報担当者の話では、対象となっているのは「極端紫外線(EUV)」の露光装置。「ASMLは法に従うのみであり、EUV(の露光技術)出荷には輸出許可が必要だ。われわれはそれを申請した」という。

同社のEUV露光技術は、戦略的な価値があるとみなされ、輸出許可を得ることが義務付けられている。

これに先立ち日本経済新聞は、EUV露光装置の輸出が米国からの政治的な反対で遅れていると伝えた。ただ広報担当者はこの報道が事実かどうか確認しなかった。また具体的な輸出先も明らかにしていない。アナリストは、取引相手が半導体受託生産の中国最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)である公算が大きいとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below