Reuters logo
蘭ASMLの第1四半期、純利益が前年比2倍超 需要強まる
2017年4月19日 / 08:45 / 7ヶ月前

蘭ASMLの第1四半期、純利益が前年比2倍超 需要強まる

[フランクフルト 19日 ロイター] - 半導体製造装置大手のオランダASMLが19日発表した第1・四半期決算は、純利益が4億5200万ユーロで前年同期の2倍超となった。ロイターがまとめたアナリスト予想(3億9700万ユーロ)も大きく上回った。

純売上高は前年比46%増の19億4000万ユーロ(20億8000万ドル)で、アナリスト予想の18億2000万ユーロを上回った。第2・四半期は19億─20億ユーロを見込んでいるという。

ニックル最高財務責任者(CFO)は、業界の全セグメントで需要が強いとの見方を示し、「全体的に、極めて良い2017年になると考えている」と指摘。

サムスン電子などメモリーチップ製造の顧客が新たな設備投資を行おうとしているとの見方を示した。

第1・四半期の粗利益率は47.6%で、昨年第4・四半期の47.2%から小幅上昇。ただ第2・四半期の利益率は、製品構成の変化を反映して43─44%に低下するという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below