Reuters logo
大都市圏の環状道路整備、1.5兆円の財政融資追加を検討=麻生財務相
2017年12月1日 / 00:58 / 11日前

大都市圏の環状道路整備、1.5兆円の財政融資追加を検討=麻生財務相

[東京 1日 ロイター] - 財務省と国土交通省は、大都市圏の環状道路整備の加速に向け、1.5兆円の財政融資を追加する検討に入った。高速道路の債務を管理する独立行政法人に対し、国が低金利で調達した資金を貸し付け、物流網の強化を通じて生産性向上を図る。麻生太郎財務相が1日、閣議後の会見で明らかにした。

 12月1日、財務省と国土交通省は、大都市圏の環状道路整備の加速に向け、1.5兆円の財政融資を追加する検討に入った。高速道路の債務を管理する独立行政法人に対し、国が低金利で調達した資金を貸し付け、物流網の強化を通じて生産性向上を図る。麻生太郎財務相が、閣議後の会見で明らかにした。写真はビバリーヒルズで5月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

今月下旬に決定する2018年度の財政投融資計画に向けて調整を進める。今回の枠組みは、財政投融資を活用した資金を「独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構」に40年間貸し付け、同機構の金利負担を軽減する。

高速道路の建設や管理を行う会社側は投資余力が増えることで、圏央道や東海環状道の整備を進めやすくなる。

貸し付けの金利は、足元の40年債利回りが1.0%程度で推移していることも踏まえ、今後決める。

安倍晋三内閣は、生産性向上への取り組みについて、2020年度までの3年間を集中投資期間と位置付けており、大都市圏の環状道路整備への重点投資は政策目的にかなうと判断した。

梅川崇

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below