December 22, 2017 / 3:11 AM / 10 months ago

経済再生と財政健全化を両立=18年度当初予算で麻生財務相

[東京 22日 ロイター] - 麻生太郎財務相は22日の閣議後会見で、同日決定した2018年度当初予算案について「経済再生と財政健全化を両立する予算だ」と語った。社会保障関係費の伸びを5000億円以下に抑制したことから「財政健全化は着実に進んでいる」と強調した上で、引き続き財政再建に向けた取り組みを進める方針を示した。

 12月22日、麻生太郎財務相(写真)は閣議後会見で、同日決定した2018年度当初予算案について「経済再生と財政健全化を両立する予算だ」と語った。写真はニューヨークで4月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

当初予算は、政策経費である一般歳出を税収見込み額が10年ぶりに上回る形となったが、利払い費や債務償還費が歳出全体に占める割合は依然大きい。麻生財務相は「国債費の中の利払い費の比率が高いのが問題」と指摘し、基礎的財政収支(PB)の黒字化に努める考えを重ねて表明した。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below