September 18, 2018 / 2:45 AM / a month ago

物価2%目標の達成、長期的なものになってきた=麻生財務相

[東京 18日 ロイター] - 麻生太郎財務相は18日の閣議後会見で、日銀が掲げる物価2%目標について「長期的なものになってきた」との認識を示した。金融政策の具体的な手法は「日銀に委ねるべき」と述べた。

 9月18日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、日銀が掲げる物価2%目標について「長期的なものになってきた」との認識を示した。金融政策の具体的な手法は「日銀に委ねるべき」と述べた。写真は都内で3月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

日銀は当初、2年間での物価2%目標達成を視野に入れた政策運営を行ってきたが、麻生財務相は「原油価格の下落などで物価が上がりにくくなった」と指摘。政府と日銀の間では「2年はまず無理だということを互いに認識していた」ことを明らかにした。

その上で「2%に責任感を感じて不必要なことをやるのはやめたらいい、というのは(政府と日銀の)両方で一致していた」と述べた。

物価2%は引き続き目標として掲げるものの「長期的なものになってきたという現状を十分に認識した上で、いろいろな対策をやっていかねばならない」とした。

一方、米中の貿易摩擦問題を巡っては「貿易量が落ちると経済が縮小するし、他国への影響も大きなものになる」との懸念を表明。「貿易不均衡は極めて大きな、解決されなければならない要素だ」と述べた。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below