January 17, 2019 / 7:38 AM / 6 months ago

G20各国で日本の高齢化の経験共有を=麻生財務相

 1月17日、麻生太郎財務相(写真)は、G20(20カ国・地域)財務大臣・中央銀行総裁代理会議に先立ち都内で開催された財務省・日銀共催のシンポジウムであいさつし、「先進国、新興国を問わず、G20各国にとって高齢化が重要な政策課題」との見方を示した。都内で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 麻生太郎財務相は17日、G20(20カ国・地域)財務大臣・中央銀行総裁代理会議に先立ち都内で開催された財務省・日銀共催のシンポジウムであいさつし、「先進国、新興国を問わず、G20各国にとって高齢化が重要な政策課題」との見方を示した。

高齢化は「経済成長や財政、金融など様々な側面を通してマクロ経済に影響を与える」とし、新興国や途上国は都市化が進み、先進国は労働供給縮小で成長力が低下する中で「社会保障システムの持続可能性の確保が課題」と指摘した。一方で、高齢化は「製薬など既存産業を活性化するとともに、労働効率的な技術革新へのインセンティブも与える」とプラス面にも触れた。

日本は「高齢化社会の先頭ランナー」であると述べ、「我々の経験をG20各国で共有することで、各国の状況に適応できる解決策が見つかるかもしれない」と期待を示した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below