April 12, 2019 / 5:01 AM / 11 days ago

麻生財務相、消費増税をG20で表明 「成長持続への意志と決意」

 4月11日、麻生太郎財務相は20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、10月1日に予定している消費税率10%への引き上げを表明した。写真は1月に東京で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[ワシントン/東京 11日 ロイター] - 麻生太郎財務相は20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、10月1日に予定している消費税率10%への引き上げを表明した。G20での初日の討議終了後に「日本経済の持続的成長に向けた意志と決意の表れとして10月に消費税の引き上げを実施する」と、米ワシントンで記者団に語った。

麻生財務相は現地で記者団に対し、「需要変動を乗り越える『十二分』の財政措置を講じたうえで、消費税を(現在の)8%から10%に引き上げ、少子化問題を克服しつつ高齢化社会への対応を見据えた、持続可能な社会保障を確保する」との考えも併せて示した。

IMFの世界経済見通しが「楽観的」との批判には、「楽観主義は世界経済の成長に向けた、揺るぎない意志と決意によるべき」と応じた。そのうえで麻生財務相は「国際社会の意思と決意を示すため国際協調の精神が必要」と述べ、G20が結束する意義を強調した。

米中貿易交渉に関しては「簡単には終わらない」との見通しを示した。麻生氏自身の見解として「今年の夏か秋には形をつけ、その後(米大統領)選挙。トランプ(米大統領)は再選され、中国との交渉はもう一度仕切り直し。それからだろう」と語った。

麻生財務相はまた、英国の欧州連合(EU)離脱の影響について「日本への影響は限定的」との考えも示した。

木原麗花 編集:山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below