May 17, 2019 / 1:04 AM / 7 months ago

華為製品の輸入制限、少なからず影響を覚悟=麻生財務相

 5月17日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、米商務省が華為技術(ファーウェイ)製品の輸入制限を課す方針を打ち出したことに関し、「少なからず影響が出てくることを覚悟しておかなければならない」と述べた。写真はG20財務大臣・世界銀行総裁会議に出席する同財務相。ワシントンで12日撮影(2019年 ロイター/JAMES LAWLER DUGGAN)

[東京 17日 ロイター] - 麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、米商務省が華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品の輸入制限を課す方針を打ち出したことに関し、「少なからず影響が出てくることを覚悟しておかなければならない」と述べた。日本企業への影響は「一概には言えない」との認識も併せて示した。

日本経済の現状について、麻生財務相は「ファンダメンタルズはしっかりしている」と語った。その上で「速やかに(2019年度当初の)予算を執行することが重要」とし、20日の1─3月期国内総生産(GDP)速報後の政策運営に関し、「予断を持ったコメントはしない」と述べた。

地銀の18年度決算で「減益の比率が高まっているのは事実」との認識も示した。ただ、「低金利で利ざやで稼ぐのが難しくなっていることは今に始まったことではない」とし、「現時点で金融システム全体がおかしくなっているわけではない」と語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below