Reuters logo
首相・トランプ会談、予定より伸びたのは波長合ったから=麻生財務相
2016年11月18日 / 00:37 / 1年後

首相・トランプ会談、予定より伸びたのは波長合ったから=麻生財務相

[東京 18日 ロイター] - 麻生太郎財務・金融担当相は18日の閣議後会見で、米国を訪問中の安倍晋三首相とトランプ次期米大統領の会談に関し、「予定は40─45分くらいだったのが(1時間程度に)伸びたのは波長が合ったからでは。うまくいったということだ」と語った。

 11月18日、麻生財務相は、安倍首相とトランプ氏の会談について「予定より伸びたのは波長が合ったからではないか」と述べた。国会で9月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

麻生財務相は、次期米大統領が就任前に他国の首脳と会談することは異例と指摘し、「就任前に会われるのはいいことだ」と述べた。そのうえで、就任後にもあらためて会談を設定する必要性があるとの認識を示した。

また、日米関係の重要性を踏まえ「2人の個人的な関係がまずできあがって、その他の政策の話になっていくので、流れとしてはいい」と語った。

外国為替市場で進むドル高/円安については「為替は安定しているのが望ましい」としつつ、「変動についてはコメントしない」とした。

一方、自民党の議連が17日、ゆうちょ銀行(7182.T)の預け入れ限度額を年度内に引き上げるよう求める決議をしたことについて、麻生金融相は「その種の動きがあることは知っているが、(実現に向けた)行程表は知らない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below