July 17, 2018 / 12:46 AM / a month ago

自民総裁選、麻生派の政策採用してくれる候補を支持=財務相

[東京 17日 ロイター] - 麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、9月の自民党総裁選で麻生氏の派閥が支持する候補者の選定について、派閥研修会で議論する政策を実現できる候補者が望ましいとの考えを示した。

 7月17日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、9月の自民党総裁選で麻生氏の派閥が支持する候補者の選定について、派閥研修会で議論する政策を実現できる候補者が望ましいとの考えを示した。写真は同財務相。昨年5月にイタリアで撮影(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)

麻生氏は、総裁選に誰が出馬しても麻生派は安倍晋三首相を支持するのかとの質問に対し、「私のところは派閥の研修会を7月(26━27日)に開く。派閥というのは政策集団なので、派閥の中で勉強会をやっている」と語った。その上で「(7月の研修会で政策の)案を作り上げるので、それを総裁候補者に渡し、どういう風に対応してくれるか、やってくれるか。(麻生派の政策を)採ってくれる人に(派閥として支持を)やっていくということだ」と説明した。

21━22日アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、米中通商問題やフィンテックなどが議論に上ると指摘。加えて、低所得国への過剰インフラ投資支援が指摘される中国を念頭に、「借金の返せない国の土地を99年借りるなど、インフラの問題」も議論になるとの見通しを示した。米中貿易摩擦は「2国間で話し合ってもらうのが大事」と強調した。

西日本豪雨に対応した補正予算の必要性については、まずは予備費で対応するとの従来見解を繰り返した。東日本銀行の処分を巡っては「どのような金融機関も法令順守は当然」と指摘した。

*内容を追加しました。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below