August 10, 2018 / 1:56 AM / 11 days ago

日米通商協議「交渉が継続しているのは良いこと」=麻生財務相

[東京 10日 ロイター] - 麻生太郎財務相は10日の閣議後会見で、日本時間同日初会合が開かれた茂木敏充・経済財政相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表にる日米新通商協議(FFR)について、「交渉が継続しているのは良いこと」との認識を示した。2四半期ぶりのプラスに転じた4-6月期の国内総生産(GDP)について「良い流れになっている」とコメントしつつ、今後は米中動向など外需が不確実要素と指摘した。

 8月10日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、日本時間同日初会合が開かれた茂木敏充・経済財政相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表にる日米新通商協議(FFR)について、「交渉が継続しているのは良いこと」との認識を示した。写真はニューヨークで講演する同財務相。昨年4月撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

<GDP「良い流れ」も、米中「不確実要素」>

日米通商協議について「自由主義経済圏でGDPが1位と2位の国がきちんと話ができるのが大事。交渉が継続しているのは良いこと」と述べ、決裂していない点をもって評価した。「2人で2時間も(交渉を)やれば色々な話が前に進んだだろう」としつつ、「内容までは聞いていないからわからない」とした。

米中間の貿易摩擦がエスカレートしている現状について「この2国がごちゃごちゃすると世界経済への影響が大きい」「内容は注目して見ている」と述べた。

GDPが今後も良い流れが続くか、との質問に対して、「中国・アメリカとの貿易などいろいろ影響している分野、外需も影響しており、不確実要素がある」と指摘した。

*内容を追加しました。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below