Reuters logo
国債の繰り上げ償還は安定消化に支障、適当でない=麻生財務相
March 28, 2016 / 6:46 AM / 2 years ago

国債の繰り上げ償還は安定消化に支障、適当でない=麻生財務相

[東京 28日 ロイター] - 麻生太郎財務相は28日午後の参院予算委員会で、過去に発行された国債の繰上げ償還について、国債の安定消化に支障をきたすなどの理由から、適当ではないと語った。

 3月28日、麻生太郎財務相は午後の参院予算委員会で、過去に発行された国債の繰上げ償還について、国債の安定消化に支障をきたすなどの理由から、適当ではないと語った。写真は都内で2014年10月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

藤巻健史委員(おおさか維新)への答弁。

国債の繰上償還に関しては1998年12月以前の発行分に可能とする条項が付されていたが、以降は繰上償還条項が撤廃されるとともに、財務省は以前の国債についても繰上償還は行わないことを明確にしている。

麻生財務相は、こうした経緯を踏まえ、国債発行当局が一方的に繰上償還を実施すれば信認が低下し、「国債の安定消化に支障を起こしかねない」と強調。国債の繰上償還の実施は「適当ではない」と語った。

*内容を追加します。

伊藤純夫 編集:吉瀬邦彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below