June 8, 2018 / 12:44 AM / 10 days ago

発言間違ったら、文書改ざんでなく発言訂正すればいい=麻生財務相

[東京 8日 ロイター] - 麻生太郎財務相は8日の閣議後会見で、森友学園の文書改ざん問題に関し、発言が間違っていたら発言を訂正するのが普通との見解を述べ、文書改ざんを改めて強く非難した。自らの辞任は改めて否定。佐川宣寿・財務省前理財局長の国会招致も不要との見解を示した。自民党内で出ている新たな森友問題調査組織の設置についてはコメントを控えた。

 6月8日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、森友学園の文書改ざん問題に関し、発言が間違っていたら発言を訂正するのが普通との見解を述べ、文書改ざんを改めて強く非難した。写真は首相官邸に到着する同財務相。2015年10月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

<進退考えていない━改めて辞任否定>

麻生財務相は、財務省が森友問題の調査文書を公表した4日の会見で、改ざんの動機について「それがわかれば苦労しない」と発言し、一部報道では批判されている。発言の真意について問われ、「普通、質問された人の発言が間違っていたら、発言を訂正すればいいと思う。文書の方を改ざんする気分にはなかなかならないのではないかと思った」と指摘。実際「(改ざんする気に)ならなかった人も近畿財務局にいっぱいおられたんでしょう。そういう人もいるし、素直に改ざんしちゃった人もいる、改ざんを命令した人もいる、というのが、『違うんじゃないかね』という感じがする」と述べ、財務相として改ざんの動機は理解に苦しむとの見解を吐露した。

財務省のトップとして野党は麻生財務相の辞任を求め続けているが、「これまで申し上げたとおりで、進退について考えているわけではない」と改めて否定した。

一部で意見が出ている第三者による調査の必要については「検察も第三者」として不要との見解を示した。自民党総務会で意見が出された特別委員会の設置については「党のことは党に聞いてください」と述べるにとどめた。

野党側は3月に証人喚問した佐川氏について、当時は刑事訴追のおそれを理由に多数の答弁を拒否したが、大阪地検が立件を見送ったことで改めて喚問を要求している。麻生財務相は「今の段階でまったく考えていない」と述べた。

<日米首脳会談は通商より北朝鮮が主>

日本時間8日未明に行われた日米首脳会談では、経済・通商問題よりも「北朝鮮と防衛の話が主だった」と指摘。日本側からは「日系自動車メーカーが米国で車を作り米国から輸出するなど米国の雇用に貢献していると説明した」ほか、日米の通商問題を巡り茂木敏充経済財政相とライトハイザー米USTR(通商代表部)代表が7月に会うことが決まったという。

*内容を追加しました。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below