March 12, 2018 / 7:17 AM / 6 months ago

麻生財務相、進退「考えてない」 文書書き換えで報告なし

[東京 12日 ロイター] - 麻生太郎財務相は12日、森友学園に関する財務省決裁文書の書き換え問題の省内調査を受けて会見し、2017年2月下旬から4月にかけて14件の決裁文書の書き換えが行われていたとの結果を発表した。当時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の国会答弁に沿った内容とするために書き換えが行われたとし、最終責任者も佐川氏との見解を示した。自身の進退については「考えてない」と辞任を否定した。

 3月12日、麻生太郎財務相は、森友学園に関する財務省決裁文書の書き換え問題の省内調査を受けて会見し、2017年2月下旬から4月にかけて14件の決裁文書の書き換えが行われていたとの結果を発表した。写真は財務省で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

省内調査は捜査当局の協力を得て行ったとし、決裁文書の書き換えが判明したことは「極めて由々しきことであり、誠に遺憾。深くお詫びを申し上げる」と陳謝した。

書き換えられた文書は「近畿財務局のものがほとんど」としたが、本省理財局の一部職員の指示で行われたのは事実」と本省の関与を認めた。

そのうえで書き換えの理由について、当時国会で問題になっていた森友学園への国有地売却に関する佐川氏の「国会の答弁が誤解を受けることがないよう、答弁に合わせて書き換えたというのが事実だと思う」と語った。

書き換えの判断は、当時理財局長だった佐川氏の部下が行ったものとしたが、決裁の最終責任者は佐川氏とし、同氏より上の立場の幹部への報告はなかったとの見解を示した。

自身の責任について麻生財務相は「考えていない」とあらためて発言。今後の対応について「進行中の捜査に全面的に協力するとともに、二度とこうした事態が起こらないよう、財務省として引き続き、さらなる調査を進め、信頼回復に向けて努力したい」と語った。

伊藤純夫 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below