for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

倒産しない形になって良かった=長崎県の地銀統合承認で金融相

 8月28日、麻生太郎金融担当相(写真)は閣議後会見で、ふくおかフィナンシャルグループと十八銀行の経営統合を公正取引委員会が承認したことについて「2つの銀行が倒産しない形になったのは良かった」と述べた。写真はカリフォルニア州ビバリーヒルズで昨年5月撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[東京 28日 ロイター] - 麻生太郎金融担当相は28日の閣議後会見で、ふくおかフィナンシャルグループ8354.Tと十八銀行8396.Tの経営統合を公正取引委員会が承認したことについて「2つの銀行が倒産しない形になったのは良かった」と述べた。そのうえで、統合効果を今後見極める必要があるとした。

公取委は24日、両社の統合を承認したと発表。ただ、1000億円弱の債権を約20の金融機関に譲渡することが承認の条件となった。麻生金融相は、債権を譲り受ける金融機関が「顧客本位で取り組むことが重要だ」と話した。

金融庁の有識者会議は今年4月の報告書で、人口減に伴う貸出需要の減退で、長崎県では複数行による競争が持続的ではない恐れがあるなどと指摘し、両行が共倒れになる前に統合を承認するよう求めていた。

和田崇彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up