July 17, 2015 / 1:42 AM / 4 years ago

新国立競技場、麻生財務相「なるべく安くて立派なものを」

 7月17日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について、財政状況を踏まえた上で「なるべく安く立派なものができあがるよう、きちんと考えないといけない」と語った。北京で昨年10月撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 17日 ロイター] - 麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について、財政状況を踏まえた上で「なるべく安く立派なものができあがるよう、きちんと考えないといけない」と語った。

同競技場の建設は、当初1300億円程度とされていた総工費が約2倍の2520億円にまで増え、批判が相次いでいる。政府は費用を圧縮するため、計画の見直しを検討しているが、麻生財務相は「ちゃちなものを作るわけにはいかない」とし、質を担保しながら費用を抑えるバランスが重要との見方を示した。

2016年度予算をめぐっては、過去の基調を継続させて本格的な歳出改革に取り組む方針を示した。経済再生と財政健全化は「十分やっていける」と述べ、両立は可能と強調した。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below