December 20, 2019 / 4:02 AM / a month ago

歳出改革を継続、PB黒字化目標は維持=20年度予算で麻生財務相

 12月20日、麻生太郎財務・金融担当相(写真)は閣議後会見で、2020年度当初予算案で歳出が過去最高になったことに関連して「歳出改革への取り組みは継続しながら、経済再生・財政再建の両立を図る」と述べた。写真はパリで5月撮影(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 20日 ロイター] - 麻生太郎財務・金融担当相は20日の閣議後会見で、2020年度当初予算案で歳出が過去最高になったことに関連して「歳出改革への取り組みは継続しながら、経済再生・財政再建の両立を図る」と述べた。基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の25年度黒字化目標は維持すると話した。

20年度予算案では税収が63兆5130億円で過去最高となった。麻生財務相は、消費税率引き上げに伴う増収が年度にフルに効いてくることや政府の経済見通しを踏まえたもので「不必要に高く見積もっているつもりはない」と述べた。

国債発行残高が過去最高に積み上がる中でも、利払い費が抑制されることについては「財政ファイナンスをしているつもりはない」とした。

一方、かんぽ生命(7181.T)の不適切販売問題に関連して、郵政グループ経営陣の責任は「自身が決めることだ」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below