Reuters logo
日米経済対話始まる、麻生副総理「両国の摩擦は遠い過去」
2017年4月18日 / 07:31 / 7ヶ月後

日米経済対話始まる、麻生副総理「両国の摩擦は遠い過去」

[東京 18日 ロイター] - 麻生太郎副総理と米国のペンス副大統領は18日、首相官邸で第1回の日米経済対話を開いた。麻生氏は冒頭、日米経済関係は「これまで摩擦という言葉が象徴されていたが、それは遠い過去になり、今は協力という時代になりつつある」と指摘した。その上で、「アジア太平洋地域や世界の力強い経済成長をリードしていくためにも、副大統領とじっくり議論したい」と語った。

 4月18日、麻生太郎副総理(左)と米国のペンス副大統領(右)は、首相官邸で第1回の日米経済対話を開いた。麻生氏は冒頭、日米経済関係は「これまで摩擦という言葉が象徴されていたが、それは遠い過去になり、今は協力という時代になりつつある」と指摘した。写真は首相官邸で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

日米経済対話では経済政策をはじめ、分野別の協力や貿易・投資ルールなど幅広く意見交換する。会合後には、今後の検討課題などを示した文書を公表するほか、両氏が共同会見を開いて今回の成果を説明する。

麻生氏は対話の中で、日米同盟に関し「軍事同盟だけではなく経済によっても非常に大きく支えられている」と意義を強調。

ペンス氏は「日米経済の強化は可能」との認識を示したうえで、「トランプ米大統領は今回の対話が2国間の通商関係を強化し、近い将来に結果を出す枠組みだと考えている」と述べた。

梅川崇

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below