December 21, 2018 / 3:20 AM / a month ago

株価年初来安値、政府として金融資本市場しっかり注視=麻生財務相

 12月21日、麻生太郎財務相(写真)は、閣議後の記者会見で、日経平均株価急落に対する質問に対して「年初来安値下回っているのは承知している」としつつ、「株価は様々な要因で決まるので、コメントしない」と答えた。写真はパリで11月撮影(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 21日 ロイター] - 麻生太郎財務相は21日、閣議後の記者会見で、日経平均株価急落に対する質問に対して「年初来安値を下回っているのは承知している」としつつ、「株価は様々な要因で決まるので、コメントしない」と答えた。

麻生財務相は「日本企業収益は過去最高水準にある状況」と説明し、「雇用所得環境はいずれも改善しており、確実に経済の好循環が生まれつつある」と実体経済は堅調である点を強調。その上で「政府として金融・資本市場をしっかり注視しないといけない」と指摘した。

閣議決定された2019年度予算案に関し、「経済再生と財政健全化の両立を図るものになっている」と説明。「文書改ざん等一連の問題で財務省が失った国民の信頼を取り戻すため私自身先頭に立ち取り組んでおり、国民の将来のため良い予算を編成することも信頼回復の一助になる」と述べた。

*内容を追加しました。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below