May 28, 2019 / 12:47 AM / 6 months ago

日米交渉は共同声明の方向、個別の話聞いてない=麻生財務相

 5月28日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、トランプ米大統領が8月に日米が通商交渉で合意するとの見通しを示したことの質問に対し、「茂木経済再生相とライトハイザー米通商代表部代表の理解も深まったようだ」と述べるにとどめた。写真はワシントンで4月に撮影(2019年 ロイター/JAMES LAWLER DUGGAN)

[東京 28日 ロイター] - 麻生太郎財務相は28日の閣議後会見で、トランプ米大統領が8月に日米が通商交渉で合意するとの見通しを示したことをどう受け止めたかとの質問に対し、「茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の理解も深まったようだ」と述べるにとどめた。その上で「(同交渉は)昨年9月の共同声明に沿った形で、相互利益(ウィンウィン)になる方向で進む」と指摘した。

交渉の焦点である為替条項については、米財政当局と協議するとした。トランプ大統領が牛肉・農産物で前進があったとツイートした件に関しては、「個別の話があったとは聞いていない」と述べた。

来日しているトランプ大統領は27日、安倍晋三首相との首脳会談後の記者会見で、通商問題で8月中に何らかの合意を発表すると述べていた。

*内容を追加しました。

竹本能文 編集:田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below