for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アステラス製薬、体内埋め込み型医療機器の米社を買収

アステラス製薬 は15日、米バイオエレクトロニクスのiota Biosciences社を買収すると発表した。2019年12月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 15日 ロイター] - アステラス製薬 4503.Tは15日、米バイオエレクトロニクスのiota Biosciences社を買収すると発表した。両社は2019年8月から、体内に埋め込む医療機器を共同で研究。買収によって開発を加速する。

アステラスは子会社を通じ、一時金として1億2750万ドル(約134億円)を支払う。一定の目標(マイルストーン)を達成した場合、最大1億7650万ドル(約185億円)を追加で支払う。株式取得は手元資金を充当する。

カリフォルニア州バークレーに拠点を置くiota社は、2017年に設立した従業員15人のスタートアップ企業。アステラスによると、電力供給と無線通信の手段として超音波を使う、超小型の体内埋め込み型の医療機器を開発している。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up