July 24, 2019 / 3:07 PM / a month ago

米AT&T、第2四半期利益が予想下回る 携帯契約は大幅増

米通信大手AT&Tが24日発表した第2・四半期決算は、総売上高が15.3%増の449億6000万ドルとなり、リフィニティブのアナリスト予想を上回った。コロラド州ゴールデンで2017年7月撮影(2019年 ロイター/RICK WILKING)

[24日 ロイター] - 米通信大手AT&T(T.N)が24日発表した第2・四半期決算は、総売上高が15.3%増の449億6000万ドルとなり、リフィニティブのアナリスト予想(448億5000万ドル)を上回った。

同社帰属の純利益は37億1000万ドル(1株当たり0.51ドル)で、前年同期の51億3000万ドル(同0.81ドル)を下回った。

特別項目を除く1株利益は0.89ドルと予想と同水準だった。

携帯電話を含むワイヤレス契約数の純増分は7万2000件で、ファクトセットの予想である2万7000件を上回った。

一方、有料テレビ契約数は第1・四半期から減少が加速。動画配信サービスのネットフリックス(NFLX.O)などに顧客が流れ、前期の54万4000件から77万8000件に減少が拡大した。衛星放送「ディレクTV」の契約数は16万8000件減少した。

有料ケーブルテレビ局HBOなどを含むワーナーメディア部門の売上高は84億ドルで、アナリスト予想の83億ドルを上回った。

株価は午前の取引で2.5%高で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below