for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

陸上=女子走高跳びのブラシッチが現役引退、歴代2位の記録保持

 陸上女子走り高跳びの元世界王者ブランカ・ブラシッチ(写真)が19日、長期にわたる故障との戦いの末に現役引退を表明した。ブラジルのリオデジャネイロで2016年8月撮影(2021年 ロイター)

[19日 ロイター] - 陸上女子走り高跳びの元世界王者ブランカ・ブラシッチ(37、クロアチア)が19日、長期にわたる故障との戦いの末に現役引退を表明した。

ブラシッチは16歳だった2000年のシドニー大会で五輪に初出場。08年の北京大会では銀メダル、16年のリオデジャネイロ大会では銅メダルを獲得した。また、09年には世界歴代2位となる2メートル08の好記録を残した。

足の故障からの回復を目指してここ数年を過ごしていたブラシッチは、引退決断について「自然なことだった」とコメント。「陸上は個人競技だが、私はいつもチームの一員のような気分だった。なぜなら、自分のためだけには跳んでいなかったから。クロアチアの国旗を持ってのビクトリーラップは、いつだって私にとって、もっとも誇らしいものだった」と、声明で述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up