for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ハレプのコーチ、ATPとWTA統合の考え支持

 女子テニスで四大大会2勝を誇るシモナ・ハレプのコーチを務めるダレン・ケーヒル氏(写真)が、男子のATPツアーと女子のWTAツアーを統合する考えを支持している。メルボルンで2018年1月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[ムンバイ 26日 ロイター] - 女子テニスで四大大会2勝を誇るシモナ・ハレプ(ルーマニア)のコーチを務めるダレン・ケーヒル氏が、男子のATPツアーと女子のWTAツアーを統合する考えを支持している。

両ツアーの統合は、男子のロジャー・フェデラー(スイス)が22日にソーシャルメディアで提案したもので、ATPのアンドレア・ガウデンツィ会長とWTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)もこの提案を歓迎していた。

ケーヒル氏は「ザ・ナショナル」紙に対し、「テニスファンの一人として、今はデビスカップやフェドカップ、WTAツアー、ATPツアー、そのほかの小規模の大会など、ファンはものすごく多くのプラットフォームを追わなければならず、混乱する」と述べ、「もし統合すれば、ソーシャルメディアも非常にわかりやすくなると思う。そこでの露出を競い合うのではなく、一つになる」とも話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up