March 3, 2015 / 3:37 AM / 5 years ago

豪中銀が2.25%に金利据え置き、利下げ余地残す

 3月3日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを2.25%に据え置いた。写真は、オーストラリア準備銀行、2014年撮影(2015年 ロイター/Jason Reed)

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は3日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の2.25%に据え置いた。一部アナリストは利下げを予想していた。

2月は25ベーシスポイント(bp)引き下げていた。

29人のアナリストを対象に実施したロイター調査では、15人が政策金利の引き下げを予想、14人が据え置きと見込んでいた。

据え置き決定を受け、豪ドルAUD=D4は急伸した。

スティーブンス総裁は、今回の会合で理事会は、前回の金融緩和を踏まえ、当面政策金利を据え置くことが適切と判断したと発表。今後、持続可能な需要の伸びを促進し、目標に沿ったインフレ率を達成するため、政策の追加緩和が適切となる可能性があるとし、理事会は今後の会合でそうした措置について判断していく、と明らかにした。

明確な緩和バイアスを示した背景には、豪ドルの上昇圧力を抑制する意図があると見られる。

市場は豪中銀が少なくとも、もう1度利下げを実施するとみている。ただ、市場が織り込む4月利下げの確率は、これまでの100%近くから、約60%に下がった。

JPモルガンのエコノミスト、トム・ケネディ氏は「今後は全ての理事会に気を配る必要がある」と指摘。タイミングに関しては5月が注目だとし、5月には金融政策声明や新たな消費者物価指数(CPI)見通しが公表されるため、豪中銀は政策行動の詳細を説明することができる、と述べた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below