September 21, 2018 / 6:27 AM / a month ago

8月全国百貨店売上高は前年比0.2%減、2カ月連続のマイナス

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.2%減の4118億円と、2か月連続でマイナスになった。ただ、7月に比べると、マイナス幅は縮小した。

8月は、台風にたたられたほか、土曜日が前年より1日少なかったことなどがマイナスに働いた。ただ、7月実績(前年比6.1%減)と比べると、マイナス幅は大幅に縮小。高額商品への需要が活発だったほか、訪日外国人向け売り上げも好調だった。また、各社のセールなども集客に寄与した。

商品別にみると、雑貨が21カ月連続で前年比プラス。内訳をみると、ラグジュアリーブランドを含む身の回り品がプラスに転じたほか、猛暑を受けてUVケア商品を中心に化粧品が引き続き好調、高級腕時計なども売り上げを伸ばした。一方で、主力の衣料品のほか、家庭用品や食料品も前年比マイナスではあったが、いずれもマイナス幅は7月より大きく改善した。

調査対象の百貨店は79社・219店舗。東京地区は前年比1.6%増と、2カ月ぶりプラスとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below