Reuters logo
鉱工業生産速報、8月は前月比+1.5% 先行き持ち直し続く見通し
September 30, 2016 / 12:37 AM / a year ago

鉱工業生産速報、8月は前月比+1.5% 先行き持ち直し続く見通し

[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日発表した8月鉱工業生産指数速報は前月比1.5%上昇となった。ロイターの事前予測調査では前月比0.5%上昇と予想されていたが、発表数値は予想を上回った。

 9月30日、経済産業省が発表した8月鉱工業生産指数速報は前月比1.5%上昇となった。ロイターの事前予測調査では前月比0.5%上昇と予想されていたが、発表数値は予想を上回った。写真は都内の工場、2015年3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

生産予測指数は9月が前月比2.2%上昇、10月が同1.2%の上昇。

経済産業省は、生産の基調判断を「総じてみれば、生産は緩やかな持ち直しの動きがみられる」に上方修正した。

8月は、電子部品・デバイス工業、情報通信機械工業、化学工業(除く医薬品)などが上昇した一方で、輸送機械工業、石油・石炭製品工業、金属製品工業などが低下業種となった。

もともと情報通信や一般機械、電子部品・デバイスなどの生産計画は高めだった。すでに7月の段階で、鉱工業生産全体の姿として出荷増・在庫減という望ましい形の在庫循環がうかがえ、今後需要が増えれば生産も増加することが期待される。ただ、肝心の需要は内外経済の展開次第だ。

ニッセイ基礎研究所・経済研究部の経済調査室長、斎藤太郎氏は「生産・消費とも一進一退だが、緩やかに持ち直している。生産は7─8月でならすと前期比1%伸びており、持ち直している。消費もならしてみれば回復しており、7─9月の緩やかな景気回復をサポートするだろう」と見方を示している。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below