Reuters logo
米企業投資先行きに明るさ、耐久財コア受注が3カ月連続のプラス
September 28, 2016 / 3:52 PM / a year ago

米企業投資先行きに明るさ、耐久財コア受注が3カ月連続のプラス

[ワシントン 28日 ロイター] - 米商務省が28日発表した8月の耐久財受注は、非国防資本財から航空機を除いたコア受注が前月比0.6%増だった。増加は3カ月連続で企業投資の先行きに明るい兆しがみえた。市場は0.2%減を予想していた。

コア受注は自動車や機械などを含み、民間設備投資の先行指標とされている。

7月のコア受注は当初発表の1.5%増から0.8%増に下方修正された。

企業投資は昨年の第4・四半期以降、減少している。原油安で企業が予算を削減したことが響いている。

投資の落ち込みは長期的な経済成長の重しとなる可能性があり、米連邦準備理事会(FRB)にとって懸念材料となっていた。

国内総生産(GDP)算出に用いられるコア資本財の出荷は前月比で0.4%減。7月は横ばいだった。

8月は全体としての耐久財受注は前月比横ばいだった。民間航空機が21.9%落ち込んだことが重しとなった。耐久財はトースターから航空機まで、3年以上使われるモノを指す。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below