January 24, 2018 / 1:06 AM / in a year

テニス=全豪OP、ウォズニアッキとメルテンスが4強

 1月23日、テニスの四大大会第1戦、全豪オープンはメルボルンで試合を行い、女子シングルス準々決勝では第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(写真、デンマーク)がカルラ・スアレスナバロ(スペイン)を6─0、6─7、6─2で下し、準決勝進出を決めた(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[メルボルン 23日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは23日、メルボルンで試合を行い、女子シングルス準々決勝では元世界ランク1位で第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がカルラ・スアレスナバロ(スペイン)を6─0、6─7、6─2で下し、準決勝進出を決めた。

日付をまたぐ深夜の熱戦を制したウォズニアッキは「簡単にいかないとは思っていた。第2セットでは勝てるチャンスがあったものの落としてしまいがっかりした。第3セットで落ち着いて勝てたことを誇りに思う」と述べた。

もう1試合では、エリーズ・メルテンス(ベルギー)が第4シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6─4、6─0のストレートで下し、勝ち上がった。

ウォズニアッキはメルテンスとの準決勝について「(メルテンスは)今年素晴らしいスタートを切っている。厳しい試合になると思うが、楽しみにしている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below