January 28, 2018 / 11:38 PM / 10 months ago

テニス=全豪OP、フェデラーが連覇

 1月28日、テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンは男子シングルス決勝を行い、第2シードのロジャー・フェデラー(写真)が第6シードのマリン・チリッチを6─2、6─7、6─3、3─6、6─1のフルセットで下し、優勝。同大会6回目、通算20回目の四大大会制覇を果たした(2018年 ロイター/Issei Kato)

[メルボルン 28日 ロイター] - テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンは28日、男子シングルス決勝を行い、第2シードのロジャー・フェデラー(36、スイス)が第6シードのマリン・チリッチ(29、クロアチア)を6─2、6─7、6─3、3─6、6─1のフルセットで下し、優勝。同大会6回目、通算20回目の四大大会制覇を飾った。

2連覇を果たし、同大会の男子シングルス優勝回数でロイ・エマーソン氏(オーストラリア)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)の最多記録に並んだフェデラーは「良いスタートを切ったがタイブレークで完全に止まってしまい、あの第2セットを落とした。そして試合のコントロールを失った。今夜は少しラッキーだったと思う」と、試合を振り返った。

敗れたチリッチは「私にとって素晴らしい旅だった。私の人生の2週間の中で最高のものだったかもしれない。第5セットの最初にチャンスがあったものの、彼は素晴らしいプレーをした」と述べた。チリッチは、キャリアハイの世界ランク3位に浮上する見込み。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below