February 20, 2015 / 1:26 AM / 4 years ago

豪次世代潜水艦、スウェーデンへの発注ない=アボット首相

[シドニー 20日 ロイター] - アボット豪首相は20日、次世代潜水艦の建造について、スウェーデンと組むつもりはないと明言した。次世代潜水艦の建造をめぐっては、スウェーデンのほかに、ドイツとフランス、日本が名乗りを上げている。

潜水艦建造に関心を寄せているのはスウェーデンの防衛大手サーブ(SAABb.ST)、フランスの政府系造船DCNS、ドイツのティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKAG.DE)。一方、関係筋によると、豪政府は三菱重工業(7011.T)と川崎重工業(7012.T)が建造する4000トンクラスのそうりゅう型潜水艦の導入を前向きに検討している、という。

アボット首相は、実績不足を理由にスウェーデンへの発注を否定。

首相は記者団に対して「私の理解では、スウェーデン製の潜水艦が完成したのは、直近では1996年ごろだ。つまり、スウェーデンはここ20年間、潜水艦を建造していないということになる」と説明した。

首相は「適切な実績を持つ3カ国と交渉を続けている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below