February 27, 2018 / 2:10 AM / 3 months ago

米アマゾン、オーストラリアで業者向け配送事業を開始

[シドニー/サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は27日、オーストラリアでサードパーティ(独立して商品・サービスを提供する業者)向けの配送事業を開始したと発表した。

 2月27日、米アマゾン・ドット・コムは、オーストラリアでサードパーティ(独立して商品・サービスを提供する業者)向けの配送事業を開始したと発表した。写真はオーストラリアのアマゾンサイトの画面。昨年12月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

アマゾンは新たな「フルフィルメント・バイ・アマゾン(FBA)」を通じ、オーストラリアのサードパーティ業者に代わって製品の梱包や配送を手掛ける。プライム会員向けの速配サービスは2018年半ばまでに立ち上げるという。

アマゾンはFBAによる配送において責任を持つが、配送を請け負うのは主にオーストラリア郵便公社(オーストラリア・ポスト)となる。

オーストラリア郵便公社はコメントを避けた。

アマゾンはFBAによって「業者は個別に梱包資材を購入したり、梱包を頼んだり、郵便局に何度も足を運んだりする必要がなくなる」とし、時間が節約されるとした。

アマゾンは現在、メルボルン市の郊外に物流倉庫を保有。ただ同じく1カ所の倉庫からFBAを開始したカナダと同様に、オーストラリアでも遠方までサービスを行き渡らせるためには倉庫を増やす必要があるとアナリストは予想している。

ウェドブッシュのアナリスト、マイケル・パッチャー氏は「オーストラリアは広大であり、アマゾンはさらに倉庫を建設するだろう」と述べた。

物流コンサルティング企業MWPVLインターナショナルのマーク・ウルフラート社長は、オーストラリアで最も人口が多いシドニーと西海岸に位置するパースにおいて倉庫を建設することが妥当との見解を示した。

またアマゾンが負う配送による損失はプライム会員の会費によって賄われるだろうと述べた。

*内容を追加しました。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below