December 25, 2019 / 5:24 AM / a month ago

オーストラリア森林火災、クリスマス返上で消火活動

 長期的な森林火災に見舞われているオーストラリアでは、クリスマスも消防士だけでなくボランティアの消防隊が消火活動にあたっている。写真はピクトンでの消火活動。12月22日撮影。(2019年 ロイター/Jill Gralow)

[シドニー 25日 ロイター] - 長期的な森林火災に見舞われているオーストラリアでは、当局によると過去2カ月間に900戸以上の住宅が損壊し、ニューサウスウェールズ(NSW)州で少なくとも6人、サウスオーストラリア州で2人が死亡した。被害区域は5つの州で合計370万ヘクタール以上に及んだという。各地で高温と乾燥した気候による森林火災が続く中、消防士だけでなくボランティアの消防隊も消火活動にあたっている。

ガレス・ジェミーソンさん(28)はクリスマスを返上してシドニー周辺で消火活動に加わっている数百人のボランティアの1人。家族がいる消防士が休暇を取れるようにと、クリスマスに仕事をすることにしたと話した。

NSW州の中部海岸に住むアダム・ワグスタッフさん(49)は、自身が住む地域の森林火災は鎮火したものの、シドニーの西方にあるブルーマウンテンズ周辺が壊滅的な状況にあるため、やはりクリスマスを返上してボランティアの消防隊に参加した。

オーストラリアでは地域のボランティア活動が盛んで、火災や嵐などの際にも大きな役割を果たしている。

しかし、今季の森林火災は各地で壊滅的な被害をもたらし、前週には2人のボランティアが死亡する事態となったため、こうしたボランティアに対して報酬を支払うべきかどうかを巡る議論が政界で巻き起こっている。

州によって規則が異なるが、ボランティアは勤務先の企業と直接交渉してボランティア休暇を取ることが多い。

サウスオーストラリア州では先週末、ブドウ畑にも被害が及び、NSW州では集落全体が焼き付くされてしまったところもある。

25日にはウエスタンオーストラリア州のパースを除くオーストラリア全体で気温が低下するものの、次の週末までに再び高温に見舞われる見通しで、特に南部の気温は摂氏40度を超えるとの予報が出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below