January 15, 2020 / 2:16 AM / 4 days ago

オーストラリア森林火災、気象局が降雨を予想

1月15日、オーストラリア気象局は、大規模な森林火災に見舞われている同国東部の多くの地域で今後、降雨が予想されると発表した。写真は豪コバーゴの焼けた森の中を歩くケガをしたカンガルー(2020年 ロイター/Tracey Nearmy)

[メルボルン 15日 ロイター] - オーストラリア気象局は、大規模な森林火災に見舞われている同国東部の多くの地域で今後、降雨が予想されると発表した。

延焼の抑制や鎮火につながる可能性もあるが、大雨になれば地滑りや水質汚染につながるリスクがあるという。

気象学者のサラ・スカリー氏は、気象局のサイトで「大雨や突風を伴う雷雨が鉄砲水が引き起こす恐れがある。特にニューサウスウェールズ州とビクトリア州の被災地域は地滑りのリスクがある」と警告。

ニューサウスウェールズ州政府も、豪雨により貯水池にごみが流れ込み、水質が悪化する可能性があるとの懸念を示した。

同国では昨年9月以降、森林火災が続いており、これまでに28人が死亡、2500戸以上の住宅が焼失している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below