for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪、中国をWTOに提訴へ 大麦関税巡り

[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリアのバーミンガム貿易相は16日、中国がオーストラリア産の大麦に高率の関税を課したとして、世界貿易機関(WTO)に提訴する方針を示した。

両国関係が悪化する中、中国政府は5月、オーストラリア産の大麦に合計80.5%の反ダンピング(不当廉売)関税・反補助金関税を課すと発表。事実上、輸出がストップしている。

オーストラリア政府は、国内の大麦生産に補助金を出しているとの中国側の主張を否定。バーミンガム貿易相はWTOに正式な介入を求める方針を示した。

同相は「国内の穀物・大麦生産者の保全と権利を守ることに関連し、オーストラリアには非常に強力な論拠がある」と表明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up