for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪活動家がハーバー・ブリッジに上る、気候変動への対応要求

 5月14日、オーストラリア警察は、モリソン首相に気候変動に対する緊急の対応を求めてシドニー・ハーバー・ブリッジに上ったとして、環境団体グリーンピースの活動家ら13人を逮捕した。写真はシドニーで撮影(2019年 ロイター)

[シドニー 14日 ロイター] - オーストラリア警察は14日、モリソン首相に気候変動に対する緊急の対応を求めてシドニー・ハーバー・ブリッジに上ったとして、環境団体グリーンピースの活動家ら13人を逮捕した。

活動家らが橋を上ったとして、現地時間13日午前5時15分(1915GMT、日本時間午前4時15分)ごろに警備担当者が警告を発した。その後数人が支柱にぶら下がり、橋の下に「石炭を歴史に」などと書かれた垂れ幕を掲げるなどしたという。

警察は、道路や鉄道、フェリーなど交通への影響はなく、活動家の最後の1人を4時間後に退去させたと説明した。

グリーンピースの豪支部トップは、「気候の緊急事態だ。首相は、すでに生命に対する影響を受けているオーストラリア人の声に耳を傾けなければならない」と述べた。

また、「オーストラリアでは、石炭が気候変動の最大要因。石炭を段階的にクリーンエネルギーに代えていく計画が緊急に必要となっている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up